Logo w

高効率 MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GX

メーカー
東京デバイセズ
メーカー型番
IW1618-GX
品番
TC-0182
JAN
4560457400519
販売開始
2014年10月

カテゴリ
バッテリー充電器(MPPT)    

技術資料
Pdf IW1616-GX データシート・マニュアル   Pdf 東京デバイセズ 太陽光発電製品 比較表  
MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GXの写真1
(写真1) IW1618-GX外観
MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GXの写真2
(写真2) 大型ヒートシンクでファンレス駆動が可能
MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GXの写真3
(写真3) 5.5sqまでのケーブルに対応
MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GXの写真4
(写真4) 基板上にヒューズを搭載
MPPT方式 10A 太陽光12Vバッテリー充電制御モジュール IW1618-GXの写真5
(写真5) 標準接続図

ソーラーパネルからの電力を高効率かつ安全に鉛蓄電池に充電するチャージコントローラです。10Aの大電流に対応。液晶画面付きで発電電力やバッテリー電圧が確認できます。

  • ロングセラーのMPPTチャージコントローラIW1608-AXの上位モデルです。低価格ながら、倍の10Aの電流容量があります。
  • 充電制御方法として、高価なパワーコンディショナーにしか搭載されていない「最大電力点追跡アルゴリズム(MPPT)」を採用。独自技術の学習アルゴリズムでソーラーパネルの特性を最大限に引き出します。
  • 電流容量が10Aありますので、国内で流通している28Vまでの主要なソーラーパネルのほぼ全てに対応します。また、出力がパワフルなため100Ah以上の大型の鉛蓄電池の充電にも最適です。
  • 電源がない環境での12V電源、災害時の非常用電源、キャンプなどのレジャー用途など、幅広く応用できます。

パネルの力を最大限に引き出します

単純にソーラーパネルをバッテリーに接続しても本来の発電能力は発揮されません。ソーラーパネルには、最大の出力が得られる電圧・電流があり、最大電力点と呼ばれます。最大電力点から外れた発電は効率が悪化します。より多くの電力を得るためには、ソーラーパネルを増やす前に、チャージコントローラの発電効率を上げることを検討してください。

MPPT(最大電力点追跡アルゴリズム)は、パネルの種類や天気や温度によりダイナミックに変化する最大電力点を自動追跡し、従来のPWM方式のコントローラでは熱損失になっていた入出力電位差を電圧電流変換回路により無駄なく再生します。

PWM方式のチャージコントローラと置き換えることで、必要な太陽光パネルの面積を減少させたり、同じ面積のパネルからより多くの電力を得ることができます。

コストパフォーマンスと品質、国産設計

ハードウェアのデザインおよびファームウェアの開発から実環境試験まですべて国内で行われています。
MPPTチャージコントローラの設計は、搭載する部品によって大きく変わります。特にスイッチ素子とコイルの選定は重要です。粗悪な部品選定は信頼性、特に熱特性に悪影響をもたらします。IW1618-GXではスイッチ素子には有名メーカーであるInternational Rectifier社の大容量MOSFET素子を使用。また、コイルもBourns社の大型トロイダルコイルを使用しています。
また、独自の制御アルゴリズムにより、部品が持つ能力を最大限に発揮することが可能です。ファンレスで非常にコンパクトな基板寸法にもかかわらず10Aの電流容量を実現しました。

バッテリーに優しい低消費電流タイプ

チャージコントローラを選定する際に見落としがちになるのが自己消費電流です。ソーラーパネルが発電しない夜間や雨天の際でも、チャージコントローラはわずかな電流を必要とします。この自己消費電流が大きい場合には、バッテリーの電力を放電し続けますので注意が必要です。
IW1618-GXは、必要に応じて細かく電源の制御を行います。それによりスリープ時に約700μAと、ほとんどのバッテリーに影響の小さい自己消費電流を実現しました。

IW1618-GX仕様


対応ソーラーパネル解放電圧 16-28V 出力 250W以下
対応バッテリー12V 鉛蓄電池
充電制御方式MPPT(最大電力点追跡)
充電電圧バルク/アブソーブ 14.4V フロート 13.8V
定格出力120W 最大150W
効率最大94.3%
保護機能バッテリー逆接続保護、過電流保護・過電圧保護
自己消費電流700μA (スリープ時)
コネクタ仕様0.2sq~5.5sq (10-24AWG)
モジュール寸法102 x 75 x 40 mm 固定用M3ネジ穴×4

注意事項


・バッテリーとソーラーパネルのケーブルは、ターミナルブロック(基板左右の緑色部品)で接続します。
・本製品にはバッテリやソーラーパネルは付属しません。別途ご用意ください。太陽光発電は充放電が多くなるため、ディープサイクル・バッテリーを推奨します。
・本製品は基板のみの販売です。ケースはありません。屋外使用時や組み込み時には、ケースへの封入や防湿加工など、対策を適宜行ってください。
・最大出力時には基板温度が周囲温度より50度程度上昇しますので、触れないようにしてください。

関連キーワード

MPPT チャージコントローラ,最大電力点追跡,太陽光発電,MPPT回路自作,MPPTアルゴリズム, ソーラーパネル, ディープサイクルバッテリー充電, 東京デバイセズIW1618

技術資料・データシート・ソフトウェア

Pdf IW1616-GX データシート・マニュアル 531 Kバイト
Pdf 東京デバイセズ 太陽光発電製品 比較表 128 Kバイト