Logo w

GPIB-USBシリアル変換モジュール IW7405

メーカー
東京デバイセズ
メーカー型番
IW7405-AP
品番
TC-0085
JAN
4560457400274
販売開始
2012年8月

カテゴリ
計測・測定・テスタ    

技術資料
Pdf IW7405 データシート・マニュアル   Zip ユーティリティソフトウェア jterm 0.1  
GPIB-USBシリアル変換モジュール IW7405の写真1
(写真1) IW7405 外観
GPIB-USBシリアル変換モジュール IW7405の写真2
(写真2) GPIBコネクタへの接続例
GPIB-USBシリアル変換モジュール IW7405の写真3
(写真3) 基板上部
GPIB-USBシリアル変換モジュール IW7405の写真4
(写真4) 標準接続図

IW7405は、GP-IBインタフェースをシリアル通信に変換するモジュールです。GP-IBを備えた計測器をUSB経由でパソコンに接続したり、マイコンなどのシリアル通信機能を備えた装置から制御が可能となります。

IW7405主要機能


・測定器へのコマンド送信 (パソコン⇒測定器)
・測定器から出力されるプリンタ・プロッタデータの受信 (測定器⇒パソコン)

レガシー計測器を直接操作


パソコン上からは、計測器をシリアルポートに接続したように見えます。シリアルポートにコマンドを送受信することで、計測器を操作できます。

データユーティリティ jterm


jtermは、jtermは、シリアルコンソールとのバイナリ通信に特化したターミナルソフトウェアです。受信したデータをバイナリファイルでそのまま保存できます。GPIB機器から受信されるプリンタデータを画像化するには、バイナリデータとして受信データを保存する必要があります。jtermを利用すると、簡単に受信データをバイナリファイルとして保存することができます。

ページ下部のリンクからダウンロード可能です。

動作環境


Microsoft Windowsのインストールされたコンピュータのうち、Microsoft .NET Framework 4 以上がインストールされていること。

.NET Frameworkのインストールおよび動作環境はMicrosoft社のページからご確認ください。

セット内容


・IW7405 GPIB-USBシリアル変換コネクタ 1個
・専用USBケーブル 1本

GPIB変換仕様の詳細


・GPIB端子のうち、REN、ICF、SRQの3つの端子はIW7405では使用しません。(SQRは常にLOW)
・IW7405がパソコンに接続された際に、DCL(Device Clear)を送出します。
・パソコンからの測定器へのコマンド送信は最長63バイトまでです。LFコード(0x0a)を受信後、文字列をGP-IBに送出します。
・ATNを常に監視し、測定器からのデータ送信を待ちます。
・送信コマンドに’?’文字が含まれる時、コマンド送信後直ちに受信待ちとなります。
・受信時DAVのLOWを検知しデータの受信を開始しますが、5秒間DAVに変化がなければタイムアウトします。

ご注意


・IW7405とパソコンは、1対1の通信に限定されます。本来GP-IBは15台までの機器をケーブルでチェーン接続する事ができますが、IW7405はパソコンと測定器の1対1の接続のみ可能です。バス上にある通信相手の機器に対してIW7405を1台だけ接続できます。その他の機器は接続しないでください。
・測定器のアドレスを12に固定する必要があります。IW7405は、通信相手のアドレスが”12”に設定されている必要があります。このアドレスは変更できません。
・パソコン側は自分のアドレスを持ちません。IW7405は、通信相手が送信する全てのデータをシリアルに変換します。従って、自分のアドレスを持ちません。測定器が通信する相手のアドレスは何を設定して頂いても構いません。

技術資料・データシート・ソフトウェア

Pdf IW7405 データシート・マニュアル 1062 Kバイト
Zip ユーティリティソフトウェア jterm 0.1 11 Kバイト

販売終了

この商品は販売を終了しました。