Logo w

組立キット Arduino 心拍センサ・シールド キット A.P. Shield 05

メーカー
東京デバイセズ
メーカー型番
APS05-AK
品番
TC-0003
JAN
4560457400182
販売開始
2012年2月

カテゴリ
脈拍・心拍     Arduino・シールド     学習・教材・キット    

技術資料
Pdf マニュアル  
Arduino 心拍センサ・シールド キット A.P. Shield 05の写真1
(写真1) 完成外観
Arduino 心拍センサ・シールド キット A.P. Shield 05の写真2
(写真2)
Arduino 心拍センサ・シールド キット A.P. Shield 05の写真3
(写真3)

心拍や脈拍を使ったデバイスを作るためのArduinoシールド・キットです。シールド上に搭載されている赤外線センサに指を軽く乗せるだけで、心拍に応じた波形をArduinoで読み込むことができます。サンプルプログラム付。

・Arduinoのプログラムからは、analogReadメソッドを使って、心拍の大きさを0~1024の間で取得できます。詳しくは下の動画とマニュアルをご覧ください。

・本製品は組立キットです。ハンダ付けが必要になります。ハンダ付けに必要な道具をご用意ください。

・本製品の類似製品としてArduino 赤外線アナログ心拍センサーシールド IWS900-ADがあります。デジタルパルスを出力する機能や、感度の調節機能が加わっています。ご検討ください。


使用例 (7セグLEDを搭載した心拍計)


・この動画は「A.P. Shield 完成版」の応用例です。基板の色が異なります。
・キットに7セグ表示機は付属しておりません。

技術解説


A.P. Shieldには、心拍センサとしてROHM社のRPR-220という素子が搭載されています。これはフォトリフレクタと呼ばれる素子で、眼に見えない赤外線を出し、その反射光によって電流を変化させる素子です。人間の指先には毛細血管が詰まっていて、脈にあわせて血液が流れています。ここに赤外線を当てると、血液が流れている時・止まっている時で、反射光がかすかに変化します。この変化は、わずかな電流の変化としてフォトリフレクタで検出できます。このわずかな変化を、オペアンプという素子によって、LEDを光らせるレベルまでに増幅させています。

サンプルプログラム


波形の処理方法がわからないという方に、心拍を簡単に検出するサンプルスケッチが用意されています。

サンプルスケッチ

注意事項


・本製品は医療用途には使用できません。

技術資料・データシート・ソフトウェア

Pdf マニュアル 1821 Kバイト

在庫あり

数量
数量 単価(税別)
1個2,400円