Logo w

カスタム可能 太陽光バッテリー充放電制御モジュール IW1208-YL

メーカー
東京デバイセズ
メーカー型番
IW1208-YL
品番
TC-0124
JAN
4560457400373
販売開始
2013年7月

カテゴリ
バッテリー充電器(PWM)    

技術資料
Pdf データシート   Pdf 東京デバイセズ 太陽光発電製品 比較表  
太陽光バッテリー充放電制御モジュール IW1208-YLの写真1
(写真1) IW1208 外観
太陽光バッテリー充放電制御モジュール IW1208-YLの写真2
(写真2) パネル・負荷・バッテリーの各端子
太陽光バッテリー充放電制御モジュール IW1208-YLの写真3
(写真3) 内蔵ATCヒューズ

ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせることで、商用電源がない場所でもライトやポンプなど運用できる電源モジュールです。充電電圧の設定など豊富なカスタマイズ機能が特徴です。

別売のカスタムツールキット(IW1208-PCK)を使用することで、充電電圧を自由に変更したり、夜間のみ負荷端子をオンにする夜間オン機能を追加できます。夜間オン機能を使用することで、簡単にソーラーライトを構築できます。

おすすめポイント


・PWM制御により、満充電に近づくと自動的に電流を絞ってトリクル充電に移行します。常時接続したままでの運用が可能です。

・負荷端子には過放電防止機能があり、バッテリーの放電が進んで電圧が低下すると、劣化を防ぐために自動的に負荷がオフになります。その後、再び充電によって電圧が上昇すると、負荷がオンに戻ります。

・一般的なチャージコントローラの基本的な機能に加えて、豊富なカスタマイズ機能が特徴です。数値を変えながら試作や実験ができます。

・充電電圧の14.4V/13.8Vの電圧を変更できますので、リン酸鉄リチウム電池(LiFePO4)などの電圧範囲に設定することも可能です。(公式対応の電池は鉛蓄電池ですので、その他の電池への適用は自己責任にて実施してください)

パソコン接続により各種機能をカスタム可能


専用のカスタムツールキット IW1208-PCKを使用することで、IW1208-YLの色々なパラメータを調整できます。

・バルク/アブソーブ充電電圧
・フローティング充電電圧

・過放電保護カットオフ電圧
・過放電保護リカバリ電圧

・夜間オン機能
・夜間開始電圧
・夜間終了電圧

負荷端子付き


12Vのライトやポンプなどの負荷を接続できます(写真2)。
※インバーターなど電流が10Aを超える負荷は接続できません

ヒューズ搭載


万が一のショートの際にヒューズが切れて発煙・発火を防ぎます(写真3)。

東京デバイセズ IW1208-YL仕様


・対応バッテリー 12V鉛蓄電池(開放,密閉式)
 容量 10Ah以上
・対応ソーラーパネル 開放電圧28V以下、かつ、出力150W以下
・対応負荷 負荷電流10Aまで
・充電方式
 デジタルPWM制御CVCC
 3ステート方式(バルク、アブソーブ、フロート)
・充電電圧 (※カスタム可能)
 パルク・アブソーブ 14.4V
 フローティング 13.8V
・負荷端子の夜間オン機能
 夜間開始ソーラーパネル電圧条件 3.5V以下
 夜間終了ソーラーパネル電圧条件 10.5V以上
 ※夜間オン機能はパソコン接続ツールを用いて有効にできます
・保護機能
 過電圧保護
 過熱保護 70℃
 過電流・逆接続保護(15Aヒューズ搭載)
・使用温度範囲 0-40℃
・通信方式 専用シリアルケーブルによる
・表示部 LEDインジケータ ×1
・基板寸法 96mm × 60mm × 15mm

別途必要なもの


・本品はバッテリーとソーラーパネルを組み合わせて使用します。12Vバッテリーとソーラーパネルをご用意ください。

・バッテリーやソーラーパネルとの接続にはケーブルが必要です。1.25sq程度の太めのケーブルをお勧めします。

・カスタム機能を利用するためには別売のカスタムツールキット(IW1208-PCK)が必要です。カスタムしない場合には、充電電圧や過放電保護の電圧は標準のままとなります。また、負荷端子の夜間オン機能は利用できません。

・負荷に見合う電池容量やソーラーパネルの大きさを知りたい方は、自作ソーラー発電システムの簡易シミュレーターでご確認ください。

よくある質問


Q. 充電電圧のカスタムに上限/下限はありますか?
A. 最低10.5V、最高16.0Vの範囲で設定できます。

Q. どんな電池に対応しますか?リチウムイオン電池やニッケル水素電池を充電できますか?
A. 電池の仕様に依存します。 次の要件を見たす電池であれば対応できる可能性があります。詳しくは電池メーカーにご確認ください。
(1)定電圧充電方式に対応している
(2)最大充電電流が接続するソーラーパネルの短絡電流より小さい
(3)定電圧充電の設定電圧が10.5V~16.0Vの間である (4)満充電状態になった後トリクル充電(数十mA~)をしても問題がない

Q. 過放電保護電圧の上限/下限はありますか?
A. カットオフ電圧およびリカバリ電圧は、最低10.5V、最高16.0Vの範囲で設定できます。

関連キーワード


チャージコントローラ 自作回路, 太陽光発電 PWM回路,ソーラーパネル バッテリー充電器,鉛蓄電池,リン酸鉄リチウム電池,LiFe電池,LiFePO4充電,カスタム充電電圧,夜間オン,ソーラーライト自作回路, ソーラーライト制御,USB接続,東京デバイセズIW1208

技術資料・データシート・ソフトウェア

Pdf データシート 368 Kバイト
Pdf 東京デバイセズ 太陽光発電製品 比較表 128 Kバイト